細胞機能変換技術研究チーム

PI_photo  

チームリーダー
鈴木治和  Ph.D.

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

harukazu.suzuki[at]riken.jp

 

研究内容

再生医療には様々な有用細胞を得る必要がありますが、iPS細胞のように受精卵に近い状態に戻してから細胞を得るのみならず、分化細胞から直接に変換することも可能です。こういった直接の細胞機能変換を目指して、細胞の転写状態、転写制御ネットワーク、エピゲノム、ノンコーディングRNAの知識を統合して、ゲノム領域特異的なエピゲノム修飾変換法を含む新たな技術開発を行います。こうした技術は幹細胞の分化や安全性の研究や、疾患治療にも応用が期待されます。さらに、転写制御ネットワーク解析法の幅広い応用を目指した研究も行っています。

 

お知らせ

2018/05/08 結核感染による宿主遺伝子発現の網羅的解析 -宿主マクロファージ遺伝子の保護的・破壊的作用-
2017/12/14 DNAのメチル化を切り替える因子の同定法を開発 -転写因子によるDNAメチル化制御の解明に期待-
2017/09/07 血液細胞の分化に必要な遺伝子をオンにするスイッチ -RUNX1がDNA脱メチル化を誘導する機構を解明-
2017/08/22 マイクロRNAをより詳細にカタログ化 -発現パターンも網羅した地図で疾患に関わるmiRNA研究を加速-
2017/03/02 タンパク質をコードしないRNAをカタログ化 -機能的なncRNAの数は遺伝子の総数に匹敵-
2015/05/20 マクロファージを活性化させる転写因子を発見 -結核菌などへの感染防御の仕組みを理解する新たな展開-
2015/02/13 遺伝子制御部位の活性はエンハンサーが先行 -細胞の表現型を決める転写制御の仕組み-
2014/06/24 ヒトiPS細胞の分化多能性を維持・向上させる新たな因子を発見 -フィーダー細胞を使わずヒトiPS細胞の安定した培養を可能に-
2014/03/27 ゲノム上の遺伝子制御部位の活性を測定し正常細胞の状態を定義 -生命の分子レベルでの理解に大きな一歩-
2013/10/03 薬の効果がもたらす遺伝子発現の変化を網羅的・定量的に捉える -抗がん剤投与時のプロモーター活性の変化をゲノム全域で解析することに成功-