ご挨拶・基本方針 | 理化学研究所 生命医科学研究センター(IMS) 


Director's Message ご挨拶

健康長寿社会へ。“最適“な治療の実現。
世界の医科学を推し進める、基盤を築く。

高齢化が進む日本にとって、生活習慣病やがん、脳機能障害などは差し迫った課題となっています。一方で、ヒトの免疫機能は、自己免疫疾患や感染症、アレルギーだけでなく、高齢化に伴う多くの疾患にも関係することがわかってきました。疾患の発症には、個人個人が生まれながらにもっているゲノム情報に加え、環境からのストレス、生体の反応が高次に組み合わさっていると考えられています。

生命医科学研究センターでは、ヒトの疾患の発症機序を解明し、新たな治療法を確立することを目指して、ヒトのゲノム機能と免疫機能の解明に向けた研究に取り組み、新しい医学の創成へ貢献していきます。生体を、環境からのストレスに応答するひとつの恒常性システムととらえ、恒常性の破綻によってどのように疾患が発症するのか、理解するとともに、新たな治療法や新薬の創出へつながる研究基盤を築き上げていきます。 具体的には、これまで多くの成果を出してきた免疫やゲノム分野に、遺伝子発現に注目したゲノム機能研究を新たに融合させることによって、ゲノム機能と生体の免疫システムとを融合し、ヒト疾患の発症機序や治療法に関する最先端の研究を行ないます。

さらに、ゲノム、エピゲノム、タンパク質や脂質から、細胞、組織そして個体まで、各階層にまたがる網羅的な研究を展開。集積した膨大かつ最先端のデータを、統計学や数学を駆使して解析し、病院など、医療に関わる組織にとって活用しやすいかたちに解釈し、提供していきます。また、マウスなど実験動物で得られた成果をヒト免疫研究へ還元する基盤や、ヒトの病態をマウスや細胞などの実験系で再現し解明するための基盤の構築、そしてこれらの基盤を生かして次世代のがん免疫研究を展開します。

最先端の知見と優れた研究環境をもって、国内外の研究機関や企業と連携をとりながら、健康長寿社会を実現させるために、次世代の医科学に貢献する基盤形成の実現を目指していきます。
生命医科学研究センター長 山本雅

生命医科学研究センター長 山本雅