肝がん予防研究ユニット

肝疾患の病態解明と制圧

 

PI_photo  

ユニットリーダー
小嶋総一  Ph.D.

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 研究本館408号室
Tel: 048-467-7938

skojima[at]riken.jp

研究概要

「肝疾患病態解明と制圧を目指す創薬研究」:
ケミカルバイオロジーを駆使し、肝疾患の創薬標的同定と大規模スクリーニングによる薬剤候補化合物探索、創薬研究。

 

  1. 新しい薬の種をみつける-次世代生命基盤技術を用いたB型肝炎の創薬研究
    AMED支援の下、理研の次世代生命基盤技術を駆使した大規模スクリーニング研究により非核酸アナログ抗HBV候補薬取得に挑戦。
  2. 新しい診断技術をつくる-TGF-βLAP断片を指標とした肝線維化検出
    医学部、S検査会社とTGF-βLAP-Dを指標とした肝線維化血液診断法開発、同法を指標とする線維化薬の研究。
  3. 新しい臨床候補薬の作用機構をとく-選択的がん幹細胞殺作用のメカニズム
    K製薬会社との共同研究から、網羅的ビッグデータ解析により見出した非環式レチノイドによる核TG2 /Sp1架橋不活性化/MYCN陽性肝癌前駆細胞死経路と食品成分に関する国内・国際共同研究。

 

 

お知らせ

2018/05/10 非腫瘍の増大に関わる糖鎖を発見
2018/04/24 非環式レチノイドによるMYCN陽性肝がん幹細胞の排除
2017/10/24 肝細胞の増殖を促進する肝再生制御因子Orm1
2017/7/13 カビによる肝障害悪化メカニズムを解明

 

関連リンク

AMED 感染症実用化研究事業(肝炎等克服実用化研究事業)
肝細胞癌選択的殺細胞技術
TGF-β LAP断片抗体並びに同抗体ELISAを用いた組織線維新生の検出技術
タンパク質架橋酵素核局在の簡易測定技術