Joint Graduate School 連携大学院

連携大学院 Q&A

連携大学院制度を利用して、理研横浜研究所で研究したいと考えています。
具体的には、大野博司先生のグループ又はSidonia Fagarasan先生のグループに参加したいと思っています。
入試までにしなければならない手続きなどがありましたら、教えてください。 大学院入試までの流れについても教えてください。

理研での連携大学院説明会を毎年行なっています。(横浜市鶴見区の理化学研究所で行います。)
詳細を知るのはそこに参加していただくのが一番早いと思います。

大野先生のところであれば、横浜市立大学大学院入学という形になります。大学院入試スケジュールは上記ホームページから横浜市立大学大学院のリンクを クリックしていただければ確認できるようになっています。念のために改めて記載すると以下の通りです。詳細はそちらをご覧ください。
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/

大学院入試で一番大事なことは、進学したいと思っている研究室に直接連絡を取ることです。

大学入学とは異なり、毎年一定人数を受け入れるわけではありません。
複数名入学できる年もあれば、研究の流れから受け入れをしない年もあります。ドクターは受け入れるけど、マスターは定員いっぱい、ということもあります。
直接、メールや電話で連絡をとって、進学できるかどうかの確認をしてください。


入試までにしていただきたいことは

  1. 01. ホームページとそこからのリンクをご自分でよく見て情報を確かめること。
       ・・・これは研究をしていく上でもっとも必要なスキルです。
  2. 02. 研究をしたいと思うラボに直接連絡をとって、進学が可能かどうか確認すること。
       ・・・必ず行動すべきことです。早ければ早いほどよいです。
  3. 03. 開催される入試説明会などに参加して、できればラボ見学などもさせてもらうこと。
       ・・・お互いの人となりを知る最高の機会です。
  4. 04. 入試へ向けての最新の情報収集と準備。
       ・・・基本的にこれはほぼホームページ、あるいはそこからのリンクに書いてあります。